のじりこぴあのバイキングやイベント等の魅力を紹介!怪しいカエルの正体は?

「のじりこぴあ」は野尻湖畔にある入場料無料のレジャーランドです。

公園や遊具などもあるため、お子様を連れて遊ぶのにとてもいい場所です。

また国道268号線沿いにあるため、ドライブやツーリングの休憩がてらに寄って、食事やソフトクリームなどのスイーツを楽しむ人も多いです。

とにかく、黄色のカエルがたくさんあって、とても目の引く場所です。

初めて見る方は、どこかの怪しい施設と勘違いする人も居るかもしれませんね(笑)

今回はそんな怪しい施設「のじりこぴあ」の魅力について見ていきましょう。(本当は全然怪しくないです!)

のじりこぴあの自然派バイキングレストラン

こんにちは。本日も10時から17時までプールオープンしております🏊‍♀️レストランではお子様大好きメニューから、大人も楽しめるピリ辛メニューまで、約40種類ほどご準備しております😆是非遊びに、お食事にといらしてください😄

のじりこ ぴあさんの投稿 2019年7月22日月曜日

まずは、人気のバイキングレストランから紹介!

のじりこぴあには、自然派バイキングレストラン「いなかの台所 ふるさと」と呼ばれる飲食店があります。

新鮮な地元野菜、地元のお母さんたちの手作り料理が食欲だけではなく、心も満たしてくれます。

バイキングメニューも豊富であり、大人が喜ぶもの、子供が喜ぶものなど的確なポイントを突いた料理が多いです。

土日祝日限定メニューには、ナポリタンと野菜たっぷりカレーがあります。

バイキング料金
大人:1000円
70歳以上:800円
小学生:680円
幼児:380円

営業時間
平日・土曜日:11:00~14:30
日祝祭日:11:00~15:00(制限時間60分)

定休日:不定休

電話:0984-44-3000

のじりこぴあのイベント

「のじりこぴあ」では一年を通して様々なイベントが開催されています。

一例を紹介します。

のじりこぴあ桜まつり

例年3月の日曜日にステージイベントなども行われます。

のじり湖祭 / 花火大会

例年8月に開催されている夏祭りです。

ゲストを呼んでのステージイベントが行われ、フィナーレでは打ち上げ花火が行われます。

こちらで詳しく読めます

宮崎県小林市野尻の「のじりこぴあ」で開催『のじりこ祭2019』イベント、ゲスト、駐車場、無料シャトルバス等の情報を紹介。イベントの締めくくりでは打ち上げ花火も行われます。

のじりこぴあハロウィン祭

ビンゴ大会など色々なイベントやってます。

もちろん会場はハロウィン一色です!

ストリートライブ

不定期開催で行われています。

のじりこぴあにある施設を紹介

のじりこぴあには、怪しいカエル以外にもメイン施設と呼べるものが三つあります。

こちらでは、メイン施設の

「メロン型ドーム資料活用センター」

「ケロケロ共和国」

「歴史民俗資料館」

について見ていきましょう。

メロン型ドーム資料活用センター

メロン型ドーム資料活用センターは、名前から歴史資料館のようなイメージを持つ人もいます。

しかし、実際は特産物販売、レストコーナーなどがメインとなっています。

特に、特産物販売コーナーでは新鮮な野菜や果物もあるので、のじりこぴあにやってきた人が両手いっぱい買って帰るというケースも珍しくありません。

特産物販売の中でも、5月から8月中旬頃限定の「完熟マンゴー」は多くの人に人気を集めています。

自然の恵みをたっぷり浴びた「アールスメロン」などの果物だけではなく、陶器や竹製品などを目当てにやってくる人も多い傾向があります。

ケロケロ共和国


マスコットUターンカエル

ケロケロ共和国は、メロン型ドーム資料活用センターのように「施設」というわけではありません。

どちらかと言うと、鑑賞するためのものと言ってもいいかもしれません。

ケロケロという言葉には「帰ろ帰ろ」という意味が込められていて。若者や町民の定住促進、町外在住者が早期Uターンをすることで街の活性化を願うというものです。

マスコットキャラクターとして「マスコットUターンカエル」という名前が付けられていて、数多くのカエルのモニュメントは必ず誰もが足を止めて見るものと言っても過言ではありません。

田舎を離れて都会に移り住む若者、過疎化の不安を消すためにこういったマスコットキャラクターが作られたのでしょう。

にこにこと笑顔のカエルのモニュメントは、見ていてこちらも笑顔になるほど可愛いです。

SNSにアップロードする写真として撮る人も少なくありません。

怪しいカエルのモニュメントには、深い意味があるのですね!

歴史民俗資料館

野尻湖対岸にある城館風の建物であり、時代劇の中に紛れ込んだのかと思うほどの雰囲気があります。

有形無形の文化財が保存されていて、野尻町の歴史や民族を知ることができます。

昔の民家が復元されていて、民族芸能の装束、町内の民具など今の時代では見慣れないものを多く見ることができるのも魅力のひとつでしょう。

更に、野尻町内の遺跡で出土された品物なども展示されていて、歴史を感じることができます。

ビデオコーナーでは、野尻町に関する多くのことをビデオで学ぶことができるのです。

こういった機会がないと、なかなか地域に関する勉強をすることはありません。

歴史に興味がある人、のじりこぴあを訪れて関心が沸いた人などは、ぜひ訪れて見てください。

のじりこぴあ湧水プール

おはようございます。本日のプールは通常通り営業いたします。

のじりこ ぴあさんの投稿 2019年8月6日火曜日

湧水プールとなっていて、夏場でも結構ひんやりなプールです。

比較的大きめなウォータースライダーが2基あるため、夏場はいつも子供の声でにぎわっています。

幼児200円、生徒300円、一般500円となっています。

入場のみの場合は200円なので、子供の付き添いの親御さんなども入ることができます。

夏季限定営業です。

のじりこぴあの遊具案内

出典:のじりこぴあ

のじりこぴあには、広い公園があり、さまざまな遊具もあります。

どんな遊具があるのか、特徴や料金について見ていきましょう。

スキッドレーシング

1回400円で、ふたりで乗れるゴーカートのようなものです。

電気自動車

1回100円。

スキッドレーシングと似ていますが電気によって動くこと、乗り物が野菜や動物など子供ウケするものとなっている部分が異なります。

スカイサイクル

大人300円、子供200円で乗れる遊具です。

高さ3m超えの自転車で1週200mの空中散歩ができるものとして、子供から人気が高いです。

子供列車

大人200円、中学生以下300円の簡易列車で園内を回ることができます。

歩いて散策をするのとは異なった景色を眺められるのがいいですね。

パターゴルフ

子供も大人も一緒に楽しめます。

卓球場

お待たせいたしました!生まれ変わった新しい卓球場!明日7月20日(土)より営業再開します\(^o^)/料金は、卓球台1台30分で520円、ラケット最大4本&ボール1個貸し出しいたします。是非皆さんで卓球をお楽しみください♪

のじりこ ぴあさんの投稿 2019年7月19日金曜日

ラケットとボールも貸してもらえます。

のじりこぴあへのアクセス・駐車場

駐車場

のじりこぴあの敷地内に、約500台収容可能な駐車場が用意されています。

イベント以外では、よほどのことがない限り、ここが満車になることはないと思われます。

のじりこぴあの営業時間

5月~9月:9時~17時30分

10月~4月:9時~17時

定休日:年中無休

のじりこぴあ
〒886-0212 宮崎県小林市野尻町東麓5160番地
電話:0984-44-3000

最後に

子供連れの方には是非おすすめしたい場所「のじりこぴあ」

入場料無料で一日中遊ぶことも出来ますからね。

最近では、このような施設も少ないため、行ってみて良かったと思える場所です。

お子様と遊具で遊びたいなぁと思ったり、ちょっとドライブがてら遊びに行こうと思った時には、是非のじりこぴあを候補先に入れてみてはいかがでしょうか。

バイキングレストランも根強い人気あります!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

記事を書いてみませんか?

「みやざきナビ」では、ライターさんを募集しています。
初心者でも大歓迎!
少しの空き時間に自宅やカフェなどで執筆♪
出社は全くありませんし、ノルマもありません。
完全に自分がやりたい時に書きたいだけ書いて頂ければ結構です。
興味がある方は、まずご連絡下さい。
無理な勧誘などしませんので、ご安心を♪
詳細はこちら
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告