神話の高千穂夜神楽まつり2019!日程とマナーなど紹介

神話の高千穂夜神楽まつりは、毎年「11月22日と11月23日」に行われます。

曜日で決まるのではなく、毎年同じ日にあるので覚えやすいですよね。

高千穂と言えば、やはり天岩戸伝説などの神話に関するものでしょう。

今回は、神話の高千穂夜神楽まつりについて紹介していきます。

神話の高千穂夜神楽まつりの日程

日程:

11月22日(祝土)、11月23日(日)

会場:高千穂神社境内の神楽殿

時間:
11月22日は18:00~23:00

11月23日は10:00~23:00

料金:無料

駐車場:約100台収容可能な無料駐車場あり

問い合わせ先:高千穂神社(0982-72-2413)

神話の高千穂夜神楽まつりってどんなまつり?

神話の高千穂夜神楽まつりは、2日間かけて高千穂の夜神楽33番の神楽を奉納するものです。

22日は式三番と呼ばれる舞、23日は10時から23時まで夜神楽33番と棒術を奉納します。

まつりの中でも珍しく、夜を徹して行われるものです。

そのため、昭和53年に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

重要無形民俗文化財に指定されたこともあって、例年、多くの観光客などが訪れます。

神話の高千穂夜神楽まつりの始まりとは?

どんなまつりにも「始まり」はあります。

神話の高千穂夜神楽まつりの場合は、神話の中でも特に知られている「天岩戸伝説」が始まりだと言われています。

天照大神が天岩戸に隠れられた際、岩戸の前でアマノウズメが舞ったことが始まりではないか、という説があります。

実際に、アマノウズメも天照大神のために夜通し踊り続けたという言い伝えがありますよね。

神話の高千穂夜神楽まつりも夜通し神楽舞をするため、一概に無関係とは言えなさそうです。

高千穂の夜神楽は毎日行われています

今回紹介した「神話の高千穂夜神楽まつり」は一年に2日間だけ行われるものですが、実は夜神楽は毎晩行われています。

同じ神楽殿で毎晩20時から1時間のみ開催。

誰でも拝観することが可能ですが、当日受付が必要です。

予約は受けつけていません。

行われる神楽は全33番のうちの代表的な4番を抜粋して行います。

一年中、いつ高千穂に行っても高千穂の夜神楽が見られるので、観光客も安心ですね。

高千穂の夜神楽詳細

日時:毎晩20時~21時

受付時間:19時~

場所:高千穂神社境内の神楽殿

料金:1人700円

内容:
・手力雄(たぢからお)の舞
・鈿女(うずめ)の舞
・戸取(ととり)の舞
・御神体(ごしんたい)の舞

夜神楽を見る上でのマナー

高千穂神社の神楽殿は畳敷きの大広間です。

椅子などは用意されていませんので、基本的には畳に座って神楽を観覧します。

椅子や座布団の持ち込みは可能ですが、周りの迷惑にならないように配慮してください。

また、カメラを持ち込んでの撮影は可能です。

撮影する方は、神楽殿のサイドの壁際や後方にて行うようにしてください。

高千穂神社アクセス

神話の高千穂夜神楽まつりの際に、一緒に観光しておきたい場所は?

高千穂にはさまざまな観光名所があります。

神話の高千穂夜神楽まつりは、県外から訪れる人も珍しくはなく、まつりに合わせて他の観光もしようという人も多いです。

こちらでは、あわせて観光したいスポットについて見ていきましょう。

あまてらす鉄道

高千穂あまてらす鉄道

旧高千穂鉄道を公園化しているアトラクションパークです。

特に人気なのが高さ105mの絶景を楽しめる「グランドスーパーカート」です。

ただ、人気アトラクションということもあり、事前予約は受け付けていません。

そのため、早い者勝ちとなっているので絶対に乗りたい人は早めに訪れることをおすすめします。

グランドスーパーカーは第1便(9:40)から第10便(15:40)まであるので、早めに訪れることでよほど人が多くなければ乗れる可能性はあります。

天岩戸神社

天岩戸神社は「天岩戸」と呼ばれる洞窟をご神体にしている神社です。

天岩戸伝説の舞台となった場所でもあり、神々しさや荘厳さを感じられます。

高千穂を訪れた際には、ぜひ足を運んでほしい場所でもあります。

高千穂峡

高千穂の定番観光スポットといえば、高千穂峡ですね。

多くの写真家が愛してやまない場所であり、国の名勝・天然記念物に指定された場所でもあります。

周囲には滝百選に選ばれている真名井の滝などもあるので、景色などを楽しみたい人にとって、これ以上ない絶景スポットと言っても過言ではありません。

人気のボートは早朝から列をつくる賑わいで、駐車場で車中泊して待つ人も。

ボートは、時期、天候によっては、乗れない日もありますので要確認です。

当日晴れでも前日の雨などの河川の増水で乗れないこともあります。

高千穂町のホームページで随時確認して下さい。

高千穂の魅力を十分に感じたい人は、ぜひ高千穂峡には行っておきたい場所ですね。

まとめ

神話の高千穂夜神楽まつりは見どころが多いまつりです。

他のまつりでは味わえない荘厳さ、神々しさを感じることができます。

また、夜神楽は息を飲むような迫力もあります。

他のまつりと違った雰囲気のあるものを見たい人などは、ぜひ神話の高千穂夜神楽まつりに行ってみて下さい。

毎年、県内県外問わず多くの人が来られて、神々しさがありながらも大きな賑わいを見せています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

記事を書いてみませんか?

「みやざきナビ」では、ライターさんを募集しています。
初心者でも大歓迎!
少しの空き時間に自宅やカフェなどで執筆♪
出社は全くありませんし、ノルマもありません。
完全に自分がやりたい時に書きたいだけ書いて頂ければ結構です。
興味がある方は、まずご連絡下さい。
無理な勧誘などしませんので、ご安心を♪
詳細はこちら
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告