美郷町の百済の里いだごろ祭り2019(花火あり)日程とイベント紹介

宮崎県美郷町南郷で毎年開催される「百済の里いだごろ祭り」

2019年も例年通り開催されることとなりました。

フィナーレには花火の打ち上げもありますよ!

今回は「第41回百済の里いだごろ祭り」について紹介していきましょう。

第41回百済の里いだごろ祭りの日程について

追記
2019年の「百済の里いだごろ祭り」は台風の接近により開催中止となりました。

日程:2019年8月15日

時間:11:00~21:00

場所:南郷茶屋下駐車場

駐車場:200台

第41回百済の里いだごろ祭りイベント内容

イベント内容

小丸川魚釣り・つかみ取り

歌謡ショー

夏祭り大抽選会

打ち上げ花火

いだごろ総踊り

出演アーティスト

・湯原昌幸

・黒木美佳

・岩佐美咲

百済の里いだごろ祭りの花火

例年フィナーレで花火の打ち上げが行われます。

2019年の発表はされていませんが、2018年は約500発程度の打ち上げでした。

百済の里いだごろ祭りの特徴

いだごろ祭りは、美郷町南郷の伝統の「いだごろ踊り」をメインとしたものです。

協賛行事の釣り大会や魚のつかみ取りは子供たちに人気を集め、豪華ゲストを招いた歌謡ショーは大人たちをしっとりとした気持ちにさせてくれます。

いだごろ踊りの由来

宝暦年間(1751~64)延岡藩の飯田五郎という警護番の武士が、毎年、今の美郷町南郷に派遣され、庄屋の家に泊まっていた。

川があるのに毎日の食事が鶏や兎の料理だったため、不思議に思った警護番は、その理由を聞いた。

「小丸川の下流に大きな滝があって、ここまでは魚がのぼってこない」との返事だった。

警護番は、村人3人とともに、児湯郡木城町の川で「うぐい(いだ)」を捕獲し、持って帰って近くのに川に放流した。

そして、「この魚が増えるまで3年間は取ってはいけない」とお触れを出した。

それを守った村人たちは、それ以降住み着いた新鮮なうぐいを食べられるようになった。

当時の村人の3年後の解禁の喜びはたとえようのないものだった。

魚取りの状況(手まね、足まね、網を投げるまね、魚取りかごに入れるまねなど)が、踊りのもととなっている。

この踊りを、警護番の飯田五郎への感謝の気持ちを現わし、「いだ五郎踊り」という名前を付け、川祭りに魚の供養としていたのが、現在の盆踊りとなっている。

百済の里いだごろ祭りのアクセスと駐車場

アクセス

会場は「南郷茶屋下駐車場」

・駅は付近にありません。

・最寄りのインター東九州自動車道「日向IC」より車で約50分

・宮崎空港より車で約1時間50分

駐車場

駐車場は約200台用意されています。

会場付近についたら係員の支持に従ってください。

最後に

魚に関するイベントや歌謡ショーだけではなく、大抽選会や打ち上げ花火、いだごろ総踊りなどさまざまなイベントが盛り沢山です。

出店なども多いので、まつりでしか味わえないものをたっぷりと食べて楽しみましょう。

まつりのフィナーレを飾る打ち上げ花火は、子供や大人を問わず、多くの人に親しまれています。

こちらも読まれています

【2019年8月31日更新】2019年夏(7月~8月)に宮崎県で行われる夏祭りを一覧にしました。開催日程、場所等まとめてます。
【2019年9月22日更新】2019年夏・秋(7月~10月)に宮崎県で行われる花火大会を一覧にしました。開催日、打ち上げ時間、場所等掲載しています。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

記事を書いてみませんか?

「みやざきナビ」では、ライターさんを募集しています。
初心者でも大歓迎!
少しの空き時間に自宅やカフェなどで執筆♪
出社は全くありませんし、ノルマもありません。
完全に自分がやりたい時に書きたいだけ書いて頂ければ結構です。
興味がある方は、まずご連絡下さい。
無理な勧誘などしませんので、ご安心を♪
詳細はこちら
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告