光化学オキシダント注意報が宮崎で発令!健康への影響とか大丈夫なの?

宮崎県域で突如発令された「光化学オキシダント注意報」

急に「外出は控えるように」と言われて、

え!?大丈夫なの?

と、焦った人も多かったのではないでしょうか。

今回は「光化学オキシダント」について簡単にまとめてみました。

光化学オキシダント注意報が宮崎で初めて発令されました

宮崎県は5月23日(木)に光化学オキシダント注意報を発令しました。

光化学オキシダント注意報の発令は、観測を始めた1974年度以降初めてのことです。

発令された場所は、宮崎市をはじめ、延岡市、日向市、西都市、児湯地区、東諸県郡等。

光化学オキシダントとは?

光化学オキシダントとは、自動車の排気ガスや工場、事業場等から排出されるばい煙などの窒素酸化物と、ガソリンや溶剤などに含まれる揮発性有機化合物等が、太陽の紫外線をうけて光化学反応を起こしてできる物質の総称です。

その光化学オキシダントの濃度が高くなり、一面が白く「もや」がかかったような状態を光化学スモッグといいます。

上記の写真のような白く濁った空の状況ですね。

出典:http://saga-taiki.jp/ox/ox.html

光化学オキシダントの濃度が高くなると、人への健康の影響が懸念されます。

光化学オキシダントは、太陽の紫外線が特に強い3月~8月に高濃度になりやすいです。

光化学オキシダント注意報、警報の発令基準

光化学オキシダントの濃度のレベルに応じて「注意報」や「警報」が宮崎県から発令されます。

光化学オキシダント注意報・・光化学オキシダント濃度が0.12ppm以上となり、この状態が継続すると判断される場合、当該区域に発令されます。
光化学オキシダント警報・・光化学オキシダント濃度が0.40ppm以上となり、この状態が継続すると判断される場合、当該区域に発令されます。

光化学オキシダントの影響

粘膜が刺激され、目や喉の痛み、息苦しさなどの症状が出る恐れがあります。

目がチカチカする、喉がイガイガする等の違和感を感じる時は、洗眼やうがい等の対処を行ってください。

頭痛やめまい、胸苦しさなどを感じたときは、衣服をゆるめ、室内の涼しい場所で休むようにしましょう。

それでも、症状が改善しない場合は早めに医師に相談するようにしてください。

光化学オキシダント注意報発動時の行動

屋外への外出はなるべく避け、屋内で過ごすようにしましょう。

屋外の部活動等の活動も控えるべきです。

まだ注意報だから大丈夫でしょ!

と軽視せず、健康への影響が出る恐れがあることを理解して行動しましょう。

屋外での激しい運動を避け、なるべく屋内で過ごしましょう。

最後に

一度発令されると、数日連続で発令されることもある光化学オキシダント注意報

しっかりとした知識をもって、無理のない行動をすることが大切です。

宮崎県の光化学オキシダント注意報等発令状況は、「みやざきの空」にてリアルタイムで確認できます。

参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

記事を書いてみませんか?

「みやざきナビ」では、ライターさんを募集しています。
初心者でも大歓迎!
少しの空き時間に自宅やカフェなどで執筆♪
出社は全くありませんし、ノルマもありません。
完全に自分がやりたい時に書きたいだけ書いて頂ければ結構です。
興味がある方は、まずご連絡下さい。
無理な勧誘などしませんので、ご安心を♪
詳細はこちら
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告